あおいうみ

茨城のキモヲタクが書く暇つぶし

あおいうみ

チャリで行く 御岩山

古くから山岳信仰が栄えてきた日本。この世とあの世の境であるとされてきた山は神の宿る場所として祭祠が行われてきた。水の恵みや豊作祈願など。さらにその険しい山道を修行の場所と捉えて悟りを開く修験道なども栄えた。そんな信仰の対象だった山は時代が進むにつれ庶民の行楽地になってきた。旅行人気が高まる江戸時代には多くの山が開山した。明治に入ると日本アルプスなどに測量等の探検が行われるようになる。そこでみた美しい景色、雄大な自然の話は庶民に広まり大衆化。大戦期で一旦は下火になるものの、戦後には多くの山岳会が結成し活発化した他、道路網の整備などでハイキングなど手軽に山に登ることが出来るようにもなったのもこの時期。中高年層登山者が多くを占めるようになった現在、健康維持などで山に登る人が増えているがその一方で山ガールが生まれたり、ニコ動でRTA*1を行う者、祖父母に連れられてなんとなくで山に登って登山家を目指すようになった者、そして聖地巡礼を行う者と近年は若者にも登山というものが身近に感じるようになっている…。

ヤマノススメ4期制作発表で若者(というかヲタク)に再び登山ブームが巻き起こりそうな今日この頃、私は永遠と続く坂をひたすら自転車で登っております!


f:id:Aoi_2201:20210402143644j:image

*1:リアル登山アタック

Read more

新年度なので自己紹介

本日は4月1日、エイプリルフールとかいう日らしいのですが今年はまだ面白いエイプリルフールネタを見ていないですね…。近年そうやってエイプリルフールだから面白いことをしようという風潮が無くなっている気がします。

さて、そんな4月1日は新年度最初の日であったりもしますよね。今日から進学して上の学校にいく、社会人になって社会の歯車の一部になる、そんな方が多いと思います。私だって今日から一応大学生になる訳ですし、新生活に期待と不安を覚えながら数日を過ごしています。

 

まあ今回の記事は、毎年だか知らんけどやっている新年度自己紹介とでもやろうと思います。Twitterで少しお見せしたのですが自転車御岩山アタック、あの記事が全く書き終わる気配を見せてくれないんですよ、記事を書くにあたって下手げなことは書けない、だから参考情報としてHPだかWikiを見ながら書いているのですがそれを見ながら書いているとどうも知らぬ間に関係ないことを調べているんですよね。まあそれ以前にたかが旅行記1本を書くのに国会図書館デジタルで風土記を読む時点で間違っている気がします…。

Read more

みちのく限界行程珍道中【2021/3/15 仙台日帰り遠征】

時が過ぎるのはあっという間であの未曾有の災害、東日本大震災から10年。当時小学校低学年だった私は帰りの会を終え、下校しようと校庭に居た時にあの地震に襲われました。私自身は泣いたりしなかった(友人は結構泣いていたりしてた)のですが何が起きたのか、どうなったのか、しばらく状況が掴めなかったのを記憶しています。家に帰ると電気が点かない水道が出ない、幸いにも都市ガスではなかった我が家はガスメーターの復帰ボタンを押してガスを出すことに成功し、翌日には暖かい食事を得ることができましたがそれでも電気が来ないと不便だし2,3日は新聞が来なかったせいで外部の情報は得られないし。震災5日後に観たテレビで津波原発事故で騒いでいるのを口を開けて観ていました。

そんな震災から先日で10年が経ち、あの時幼かった(?)私は立派なおっさんになり、当時の事を経験していない世代が増えて行っています。大した事を経験した訳ではないのですが一応震災を経験した側からしてはこの経験を将来の世代へと伝えていかなければいけないのです。

 

というわけで私は仙台へ行く為にE501系の固いロングシートに座っています!(は??)

f:id:Aoi_2201:20210317160344j:plain

過疎
Read more

私だって葬儀鉄したい!【2021/3/8 都内お散歩】

現代人の大衆病と化している「近眼」、近年スマホの普及やこのご時世自宅で画面を観て時間をつぶしたり仕事をしたりでその傾向は著しいものになっています。私もそんな中の一人、運転免許取得の為に眼鏡を作り直したのですが度数が進み過ぎてやばいです、流石にビンの底みたいな厚さとはいきませんがそれなりにレンズが厚くなってきています。流石にやばいなーと思い視力回復トレーニングを始めました、効果があるかは知りませんが。視力が回復する目薬とかはやく出来ないんですかね、出来ればいくらでも金出して治します。

さて、今回は久し振りにおでかけ回です。

Read more

レミオロメンより7日前に

始まったものは永遠には続かず、終わりがあるというじゃないですか。今の生活だっていつか終わりが来るもの。それがこれからやってくる卒業シーズンという訳。同じ学び舎で過ごした数々の友、恩師と別れ別々の道へ旅経って行くのがこの3月。そんな私も高等教育課程を無事に終了したのでした。

 

f:id:Aoi_2201:20210301231029j:plain

使い回し
Read more

放っておいてそれでいいのかい

過去作品…。というか昔自分が作ったものや描いたもの、撮影したもの。「懐かしいな~」と思う一方「何でこんなもの作ったんだ昔の自分は」と恥に思ってしまうのも多々。私もそんなものがいっぱいあってその一つはこれ。

 

f:id:Aoi_2201:20210215173727j:plain

「これは、なに?」と言われかねない下手さとこのよくわからないフェイスのこのキャラクターは何なのか、今回はそんな過去を振り返ってみる記事。

Read more